最初にフェイシャルエステ
ホーム > 交際クラブ > 富裕層が余ったお金を交際クラブにつぎ込んでいる

富裕層が余ったお金を交際クラブにつぎ込んでいる

様々な魅力を持つたくさんの女性が登録しており、男性会員がその女性たちの中から気に入った相手を見つけてデートをセッティングしてもらう交際クラブが、大人世代の男性たちから高い人気を得ています。

そんな交際クラブを利用する男性の中には、お金をたくさん持っている、いわゆる富裕層に含まれる人が多いです。なぜそういった男性が交際クラブにはまるのかと言うと、余るほどのお金を持っている富裕層の人にとって、素敵な女性との大人の遊びが何よりの癒しになるからです。

そういった男性はすでに豪華な家に住んだり、高級な車に乗ったり、高級ブランドに身を包んだり、趣味のものをコレクションしたりと、一般的に考えられる様々な贅沢を経験しているのですが、それでも心に何かも足りないものを抱えている人が少なくありません。

その足りないものこそが、魅力的な女性と楽しい時間を過ごすことで得られる、男性としての喜びなのです。

交際クラブを利用すればその喜びを気軽に実現することができるため、富裕層の人が余ったお金をそこにつぎ込んでいるというわけです。

 

また富裕層の男性は収入も一般の人とは比べ物にならないくらいの所得を得ています。

これらの所得の半分は国や地方自治体に納める税金として消えていってしまいます。

このせっかく汗水流して頭を働かせて稼いだ高額な収入も納税で消えていってしまいます。

この現実に直面した時に富裕層は一つの考えとして、経費で落とせる交際クラブの女性とのデート費用として使って遊ぶ方法を思いついたのです。

何の見返りもない高額の納税に反発して逆に交際クラブなどの女性と遊んでしまうという発想です。

フランスでは高額納税を強いられている富裕層の人は国籍を捨てて隣国や他国に移住する人もかなり増えてきています。

当然ながら日本もアジア圏に居住地を移す有名人や高額所得者もいます。

しかし日本での所得や滞在日数で納税場所が日本になる場合もありそれらの人達を悩ませています。

いずれにしても自分が努力をして稼いだ金額ですのでどうせ払うのなら自分の好みの女性に払ってその女性から喜んでもらった方が何倍も価値が高まるというものです。